最新記事一覧

発症からの時間で異なる

女性たち

緊急性が高い

病気の治療を行うとき、健康診断などで異常が見つかったときは比較的のんびりした対応になるでしょう。もちろんすぐに対応した方がいいでしょうが、体調としては特に問題が出ていません。複数の方法があるなら、その中から選ぶこともできるでしょう。一方急に症状が出て病院などに運ばれてきたとき、患者自身は意識を失っていたり、とても何らかの判断ができる状態でないときもあります。痛みなどが強く、医師が話をしても理解できないかもしれません。脳梗塞において治療が必要になる状態としては、急に痛みが発生したり、体の一部が動かなくなったときでしょう。自宅などで発症すればすぐに救急車を呼んで病院に行く必要があります。その時に家族が付いて行けば、その後の手続きもスムーズにできるでしょう。脳梗塞の治療を申し込むというより、発症からの時間がポイントになります。発症から4.5時間以内であればt−PAと呼ばれる方法が行えます。それ以降の脳梗塞の治療は血栓回収デバイスなどになります。脳梗塞の治療の申し込みにおいては、その病院で行える治療の範囲によっても異なります。t−PAを行うにはそのための施設などが必要になるため、どの病院でも行えるわけではありません。さらにt−PAを行えるところで血栓回収デバイスが行えるのは一部になっています。それを知った上で、親族などが適切な方法を選んで医師に依頼をします。緊急性を要するので、セカンドオピニオンなどを使うことはむずかしく、最初に運び込まれた医師を信用するしかないでしょう。

Copyright© 2018 脳梗塞の治療と原因について【生活習慣が影響する可能性が大きい】 All Rights Reserved.